« [No.793-2]一本の糸 | トップページ | [No.794-1]あなた達の関係は? »

ホタル通信 No.336

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.278 群れの外
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

初期の作風が色濃く出ている作品です。ある意味、読み手のこと
は全く考えていません。

先に事実となる部分を書いておきます。まず、鳩が一羽だけウロ
ウロしていることがあること、そいて、小説上の私(女性)が、その
昔、群れの外に居たことです。
時々「なんでこんな所に居るの?」と思ってしまうほど、場違いな
所で鳩を見かけることがあります。
多くの人は、それを見て心情的に何も感じないと思いますが、私
は違っていました。私にとっては、高校の時に周囲から浮いた存
在であったことを思い出させる象徴でした。

今で言う“イジメ”があったわけではなく、周りと馴染めず、ひとり
群れの外・・・といった感じでした。周りもそれを察してか、良くも悪
くも一定の距離がありました。
色々と事情があって、どうしても学校生活を楽しむことができませ
んでした。普段、鳩は群れているイメージが強いために、一羽だけ
ウロウロしている姿を見掛けると、どうしても自分と重ね合わせてし
まいます。

最後になりますが、この記事を書いている人を作者だとすれば、作
者と小説上の“私”は別人です。つまり、この小説は作者自身では
なく、他人の話を描いたものです。
当ブログによくお越し下さる方々なら、誰のことを描いた小説かすぐ
分かると思います。
T336

web拍手 by FC2

|

« [No.793-2]一本の糸 | トップページ | [No.794-1]あなた達の関係は? »

(113)通信No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65921178

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.336:

« [No.793-2]一本の糸 | トップページ | [No.794-1]あなた達の関係は? »