« [No.791-2]学生二枚 | トップページ | [No.792-1]思い出のブルーハワイ »

ホタル通信 No.335

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.252 ひざのぬくもり
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

小説のようなシチュエーションが少なくありません。気付くのが
遅れて、ビックリすることもあります。

経験上、猫はくぼんだところが好きなようです。私が寝ている時
布団の上に乗っかってきて、両足の間に入り込むこともあります。
猫の種類や育った環境にも左右されるかもしれませんが、狭い
ところや窮屈なところが好きですね。それに、そんな場所を見つ
ける天才でもあります。

さて、そんな猫とのふれあいを描いた小説です。基本的に動物
になつかれることが多く、小説のような他人に厳しい犬や猫でも
仲良くなれます。
もちろん、100%仲良くなれるわけではありませんが、少なくとも
敵対心は持たれずに済みます。

小説では彼と彼女の・・・ようなシチュエーションにしていますが、
実際はそんな色気のある話ではなく、仕事中のひとコマを切り取
ったものです。
私があるお客様の家にお邪魔して仕事をしていたら、猫が寄って
きた・・・というのが事実です。従って、ラストの一言は、もちろん、
創作です。
T335

web拍手 by FC2

|

« [No.791-2]学生二枚 | トップページ | [No.792-1]思い出のブルーハワイ »

(113)通信No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65887203

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.335:

« [No.791-2]学生二枚 | トップページ | [No.792-1]思い出のブルーハワイ »