« [No.778-1]明日のエネルギー | トップページ | [No.779-1]あの駅 »

[No.778-2]明日のエネルギー

No.778-2

「だから、前と同じ人かどうか分からない」
「質が戻ったから、帰ってきてくれたのかな?」

残念ながら、質はさほど戻っていない。

「だったら、理由があって“今まで来れなかった”だけかもね」
「そう考えるのが妥当かな」

もちろん、今は以前と違う人が応援してくれている可能性もある。
ただ、繰り返しになるが、万人受けしないブログだ。
そう何人も熱心なファンが居るとも思えない。

「随分、謙虚ね」
「自分の実力は分かってるつもり」
「それに・・・」

もともと、自己満足のブログだ。
それにある人のためだけに立ち上げた。

「いずれにせよ、有り難い話ね!」

ひとつの拍手が、どれだけ自分の支えになっているか・・・。

「でも、こんな話してていいのかしら?」
「拍手してくれる人に、変な気を遣わせることにならない?」

それは十分考えられる。
でも、それを承知で“文字”にした。

「普段のお礼は、こんなことくらいしかできないから」

感謝の気持ちを小説にする。
創作の世界と現実が入り乱れた不思議な感覚だ。

「小説の中では、あなたは女性それとも男性?」
「そうね・・・今回は“女性”にしようかな」
S778
(No.778完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.778-1]明日のエネルギー | トップページ | [No.779-1]あの駅 »

(032)小説No.776~800」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65629341

この記事へのトラックバック一覧です: [No.778-2]明日のエネルギー:

« [No.778-1]明日のエネルギー | トップページ | [No.779-1]あの駅 »