« [No.779-2]あの駅 | トップページ | [No.780-1]大切なのは »

ホタル通信 No.329

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.248 未来日記
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

小説の前半が、なんだかとてもクドイですね。これが重要な伏線
になるわけでもないのに。

いきなり核心から入るパターンもあれば、この小説のように関係
ない部分から入るパターンもあります。前者と後者を、意識的に
使い分けてはいませんが、日常感を色濃く出したい時は、後者の
手法を用いることが多いと思います。
小説の前半は、ほぼ更新の話がメインであり、ここに“未来日記”
に対する伏線は設けていません。あくまでも二人の間でブログが
日常的なコミュニケーションであることを言いたかっただけです。

結局、この小説は彼女が未来日記と称した、未来の行動を予測し
た記事を書くと、僕がその記事の通り行動する・・・というのが本筋
です。
もちろん、彼女も僕もそれを知った上での言わば、“出来レース”
です。ですが、お互いそれを口にはしません。
そんなある日、「プロポーズをする」ということは記事に書かれてい
たが、「指輪を渡す」ことまでは記事にはなく、それを僕が実行した
ことで初めて未来日記がハズレる・・・というのがオチです。

全般的に事実ではありませんが、未来日記と称した記事を書く人
と知り合いだったことで、この小説が生まれました。
また、小説前半の更新の話も、これに似たことが実際に起きてい
たために、日常感の演出という意味で採用しています。
T329

web拍手 by FC2

|

« [No.779-2]あの駅 | トップページ | [No.780-1]大切なのは »

(113)通信No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65644898

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.329:

« [No.779-2]あの駅 | トップページ | [No.780-1]大切なのは »