« [No.777-2]ライバル出現 | トップページ | [No.778-1]明日のエネルギー »

ホタル通信 No.328

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.362 移り行く季節
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

住んでいる近くに、桜が植えられている通りがあります。そこで
は毎年、小説のように花びらの“雨”が降っています。

別に有名な通りではありませんが、それなりの数が植えられて
おり、桜が散り始める時期にそこを通ると、それこそ“びしょ濡れ”
になってしまいます。
そんなシチュエーションを拾ってみました。小説では恋愛の話が
展開されていますが、これについては創作です。今でもそうかも
しれませんが、何でもかんでも恋愛に結び付けてしまうパターン
の小説です。
桜の花びらを雨に見立てて話を構成しているせいか、失恋の話
でもそんなに悲しくは感じません。これが本当の雨だったら、悲
しいというより、“悲惨”な光景になります。
春、桜、そしてそこに居る私達を、想像して頂ければと思います。

ラストシーンですが、何かしらの意味を持たせていたつもりなの
ですが、今となってはピンと来ません。
新たな決意というか、次の恋への前触れとでも言えば良いので
しょうか・・・多分、このような意味を持たせていた気がしています。
ただ、これは実際に起きた現象であり、風に舞い飛んで行ってし
まう様子をそれっぽく描いたものです。
T328

web拍手 by FC2

|

« [No.777-2]ライバル出現 | トップページ | [No.778-1]明日のエネルギー »

(113)通信No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65617176

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.328:

« [No.777-2]ライバル出現 | トップページ | [No.778-1]明日のエネルギー »