« [No.772-1]仕事終わりの・・・ | トップページ | [No.773-1]思い出の品 »

[No.772-2]仕事終わりの・・・

No.772-2

「・・・楽しみ?」

札幌からだと空路を使うしかない。

「まさか、飛行機に乗るのが楽し・・・」
「子供じゃあるまいし・・・違うわよ」

その楽しみは、最後の最後に訪れる。

「最後に・・・?」
「そう!東京を離れる最後にね」

商談が上手くいったとしても、いかなかったとしても・・・だ。
それは東京出張における一種のルーティンとも言える。

「・・・ということは空港だよね」
「そういうこと!」

緊張の糸が切れ、良くも悪くも身軽になる。
半面、いろいろな意味で喉の渇きもある。

「それって、もしかして・・・」

同僚が右手を“グー”の形にして、“クイッ”とそれを上に動かした。

「あったりぃ~!」

普段は付き合い程度しか飲まない。
飲めないわけではなく、飲みたい気分にならないからだ。

「でも、その時だけは無性に飲みたくなるのよね」

自分を自分で労っている・・・そんな感じだ。
仕事終わりのビールとシュウマイで。
S772
(No.772完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.772-1]仕事終わりの・・・ | トップページ | [No.773-1]思い出の品 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65543511

この記事へのトラックバック一覧です: [No.772-2]仕事終わりの・・・:

« [No.772-1]仕事終わりの・・・ | トップページ | [No.773-1]思い出の品 »