« [No.771-1]エチケットブラシ | トップページ | ホタル通信 No.325 »

[No.771-2]エチケットブラシ

No.771-2

「特に男子なんてさぁ」

女子以上に気にしていた。

「分かる分かる!」
「ほんと色気づいちゃって」

もちろん、女子だって色気づいてはいた。
けど、女子はもっと前からだ。

「暇さえあれば、ブラシでゴシゴシ・・・」

一体、何を期待しているのかと思うくらいだ。

「あれで、もてるとでも思ってたのかしら・・・」
「当時はそれがオシャレのひとつだったんじゃない?」

今、振り返れば可愛いと言うか・・・。

「けどさぁ、それはそれで懐かしいよね」

丁度、異性を意識し始めた時期でもある。
男子の行動は、良くも悪くも刺激にはなった。

「中学生の時、彼氏は?」
「居るわけないでしょ!?」

居るほうが珍しかった時代だ。

「まぁ、私もだけど・・・」

そんな男子達を冷ややかな目で見ていた。
けど、その中の一人だけは違っていた。
S771
(No.771完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.771-1]エチケットブラシ | トップページ | ホタル通信 No.325 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65526221

この記事へのトラックバック一覧です: [No.771-2]エチケットブラシ:

« [No.771-1]エチケットブラシ | トップページ | ホタル通信 No.325 »