« [No.770-1]誰のせい? | トップページ | [No.771-1]エチケットブラシ »

[No.770-2]誰のせい?

No.770-2

「昨日は、朝からデートだと知ってたでしょ?」
「あぁ、あれだけ何度も聞かされれば」

僕達は恋人同士ではない。
単に“似た者同士”の友人に過ぎない。

「わざと?」
「えっ!?ま、まさか・・・」

デートを台無しにしようと考えたと思っている。

「せめて、昨日は家に居てくれなきゃ・・・」
「ハァ・・・」

反論したくてもできない自分がいる。
自分の“雨男力”を知っているからだ。

「初デートだったのにぃ!」
「ご、ごめん」

確かに、何度も不安定な空を刺激したことがある。

「買ったばかりのワンピースも・・・」

最後まで聞かずとも分かる。

「昨日は午後から出掛ける用事があったので・・・」

なぜだか、申し訳なくしゃべってしまった。

「えっ!?午後から・・・」
S770
(No.770完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.770-1]誰のせい? | トップページ | [No.771-1]エチケットブラシ »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65486307

この記事へのトラックバック一覧です: [No.770-2]誰のせい?:

« [No.770-1]誰のせい? | トップページ | [No.771-1]エチケットブラシ »