« ホタル通信 No.324 | トップページ | [No.770-2]誰のせい? »

[No.770-1]誰のせい?

No.770-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「・・・最近どう?」
「微妙・・・だな」

何の前触れもない話でも通じ合えている。

「梅雨時期だからな」
「それもそうね」

自分は雨男だと自覚している。
科学的根拠はないが、実績がそれを物語っている。

「君は?」
「私も似たようなものよ」

それでも、梅雨に“貢献”している可能性は否定できない。
昨日も、大雨の上を行く、土砂降りの雨に変えた。

「それって微妙どころか、ストライクでしょ?」
「でも、もともと不安定な空だったろ?」

青空を土砂降りの雨に変えたのなら、そうかもしれないが。

「だから、昨日は梅雨のせいだよ」
「・・・そうなのかな」

あくまで僕を犯人にしたいらしい。

「おいおい・・・梅雨も僕のせいにするつもりか?」
「そうじゃないけど・・・」

なんとも歯切れの悪い口ぶりだった。

(No.770-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.324 | トップページ | [No.770-2]誰のせい? »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65481847

この記事へのトラックバック一覧です: [No.770-1]誰のせい?:

« ホタル通信 No.324 | トップページ | [No.770-2]誰のせい? »