« [No.766-2]目やに | トップページ | [No.767-2]彼の背中 »

[No.767-1]彼の背中

No.767-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
「懐かしいよね~」

反対側の歩道を小学生の集団が歩いている。

「今頃の時間なら、集団下校だろうな」

これから遠足という時間ではない。

「だよね・・・ほら!」

それぞれの集団の先には、高学年らしき人が居る。
飛びぬけて背が高いからすぐ分かる。

「俺らの時代も、こうだったよな」

私たちの学校は、毎週土曜日がそれだった。
運動場に集められ、一斉に下校する。

「そうそう!校長先生の長~い話があってさぁ・・・」

私達相手に、空気を読んではくれなかった。

「けど、何となくワクワクしただろ?」
「うん!それはあった」

ただ帰るだけなのに、妙な高揚感があった。

「お兄ちゃん、お姉ちゃんの存在が大きかったよな」

先頭は、6年生が務めてくれた。
その背中に、憧れすら感じたほどだ。

「・・・で、そうこうしているうちに」

私もその立場になった。 

(No.767-2へ続く)

|

« [No.766-2]目やに | トップページ | [No.767-2]彼の背中 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65429089

この記事へのトラックバック一覧です: [No.767-1]彼の背中:

« [No.766-2]目やに | トップページ | [No.767-2]彼の背中 »