« [No.766-1]目やに | トップページ | [No.767-1]彼の背中 »

[No.766-2]目やに

No.766-2

「そ、それなら、仕方ないわね」
「聞かないの?」

“予期せぬ出来事”なんて、追及の格好の的だ。
それが事実でも事実ではなかったとしても。

「なにを?」
「なにをって・・・“予期せぬ出来事”だよ」

多少なりともそこに弁明の余地がある。
ただ、それを認めてくれるかどうかは彼女次第だ。

「別に聞いたって仕方ないでしょ?」
「仕方なくはないよ」

僕としては出来れば聞いて欲しい。

「・・・もう、いいから、行くわよ」

意味も分からず許されるのも、これまた気持ちが悪い。

「さっきまであんなに怒ってただろ?」

なんだか、立場が逆転してきた。

「気が変わったの!」

シャツを捲り上げられたところから、様子が一変した。
一応、捲り上げたシャツを確認してみる。

(・・・別に変わったところはないよな?)

唯一、猫にじゃれつかれて、抜け毛がそれなりに付いている。
これが遅刻の原因でもある。

「もしかして・・・これ?」

彼女が無類のねこ好きだったことを思い出した。
S766
(No.766完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.766-1]目やに | トップページ | [No.767-1]彼の背中 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65424514

この記事へのトラックバック一覧です: [No.766-2]目やに:

« [No.766-1]目やに | トップページ | [No.767-1]彼の背中 »