« [No.765-1]消えてしまいたい~風~ | トップページ | ホタル通信 No.322 »

[No.765-2]消えてしまいたい~風~

No.765-2

「ごめん・・・今更、こんなこと聞いて」

彼女に、辛い記憶を思い出させることになった。

「別にかまわないよ」
「逃げたってしかたない・・・事実だもん」

当時は、聞こうにも聞けなかった。

「ごめんな、一番つらかった時に」
「仕方ないよ、だってほら・・・」

彼女の言いたいことは分かっている。

「触れれば、壊れそうだったからでしょ?」
「う、うん・・・」

そんな時、あの言葉を聞いた。

「消えてしまいたい・・・か」

振り返るようで思い出すようなそんな表情だった。

「それでも・・・ね」

急に声のトーンが変わった。

「消えたとしても、あなたのそばに居たかった」
「・・・この風のように」

彼女と初めて出逢った海沿いの道を歩いている。
時より激しく吹く風に、僕達は肩を寄せ合った。
S765
(No.765完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.765-1]消えてしまいたい~風~ | トップページ | ホタル通信 No.322 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65408133

この記事へのトラックバック一覧です: [No.765-2]消えてしまいたい~風~:

« [No.765-1]消えてしまいたい~風~ | トップページ | ホタル通信 No.322 »