« [No.763-1]スポーツドリンク | トップページ | ホタル通信 No.321 »

[No.763-2]スポーツドリンク

No.763-2

「是非、聞きたいわね!」

あの不透明さも手伝って、薬の印象を持っていた。
それにスポーツドリンクという名も手伝って。

「スポーツする人が飲む、なんて言うか・・・」
「栄養剤?」
「そう!それ!」

普通の人は飲んではいけない・・・。
子供心にそう思い込んでしまった。

「確かに、子供には怪しく見えるよね」

だから、口にすることがなかった。

「けど、今ならそれが何であるか、理解できてるでしょ?」

友人の言うとおりだ。
でも、子供心に刻まれた“何か”は思いのほか深い。

「そうなんだよね・・・」
「そんなあなたがなぜ、口にしたの?」

水のペットボトルを取ったつもりだった。

「間違えてスポーツドリンクを取ってしまって・・・」
「それってさぁ・・・」

友人が何かを懸命に考えている。

「誰の?」
「誰のって・・・あっ・・・」
S763
(No.763完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.763-1]スポーツドリンク | トップページ | ホタル通信 No.321 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65370987

この記事へのトラックバック一覧です: [No.763-2]スポーツドリンク:

« [No.763-1]スポーツドリンク | トップページ | ホタル通信 No.321 »