« [No.762-1]パイナツプル | トップページ | [No.763-1]スポーツドリンク »

[No.762-2]パイナツプル

No.762-2

「ちょっとした、スゴロクみたいなものよ」

ただ、これが始まると、大変だ。
なかなか家までたどり着けなくなる。

「途中で、断念したこともあったなぁ・・・」

友達が先に進みすぎて、見えなくなる。
そうなると、じゃんけんそのものがままならない。

「そりゃそうだろ・・・」
「でも・・・今でもこの遊び、やってるんだね!」

お金も道具も必要ないし、今すぐできる。
まさに小学生にはうってつけの遊びだ。

「僕は初めて知ったよ、この遊び」
「ちょっと、してみる?」

彼がうれしそうに首を縦に振った。

「じゃぁ・・・いくわよ!」
「のぞむところだ!」

彼がどんどん先に進んで行く。

「くっそぉ~!“ビギナーズフラッグ”ってやつね!」

それでも私もだんだんと追いついてきた。

「すぐに追い越してやるからね!」

ただ、あることを忘れていた。
そのせいで、あかね雲は星空に変わった。
S762
(No.762完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.762-1]パイナツプル | トップページ | [No.763-1]スポーツドリンク »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65361914

この記事へのトラックバック一覧です: [No.762-2]パイナツプル:

« [No.762-1]パイナツプル | トップページ | [No.763-1]スポーツドリンク »