« [No.769-2]掴んで引き寄せて | トップページ | [No.770-1]誰のせい? »

ホタル通信 No.324

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.284 プラタナスの道で
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

う~ん・・・なんとも言えない微妙な作品ですね。その微妙感の
理由はとても簡単です。

小説に、ある歌詞が出てきていますが、この歌詞のタイトルは
「夏の微笑」という荻野目洋子さんの曲です。その歌詞の一部
を小説のタイトルにしています。
正しくは、小説を作ってタイトルを付けたのではなく、タイトルを
決め、そのタイトルから小説を創作しました。そのため、実話度
は限りなくゼロです。
とは言え、この曲を初めて知った時、この歌詞に共感できると
いうか・・・同じようなことが起こっていました。
そのため、感情移入が激しく、とても印象深い一曲として、心に
刻まれていました。当時、プラタナスがなんであるか、正確には
分かっていませんでした。

本当は、当時の出来事を小説にするつもりで書き始めたのです
が、残念ながらそっちの方向には進みませんでした。
実話度ゼロの方が、小説としては完成度が高いことが多いので
すが、この作品に関して言えば、狙いすぎの粗悪品です。でも、
自分的にはタイトルだけでグッときてしまう作品なんですよ。
T324

web拍手 by FC2

|

« [No.769-2]掴んで引き寄せて | トップページ | [No.770-1]誰のせい? »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65477638

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.324:

« [No.769-2]掴んで引き寄せて | トップページ | [No.770-1]誰のせい? »