« [No.767-2]彼の背中 | トップページ | [No.768-1]きっと届いてる »

ホタル通信 No.323

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.255 個性
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

あらためて読んでみると、ちょっと読み難かったですね。良くも
悪くも作者の“個性”が出ています。

猫との出会いは事実です。それも小説と同じく、食堂脇に陣取
り、エサを貰おうと出待ちをしているようでした。ただ、その猫が
お世辞にも綺麗とは思えず、毛は汚れ顔は目やにでいっぱい
でした。それに嫌悪感を抱く私と全く気にしない彼。その対照的
なふたりを描いてみました。作者はこのどちらかになります。
猫が嫌いなわけではありませんが、とても野生過ぎて、私的に
は無理なシチュエーションでした。
でも、彼はそんなことを全く気にする様子もなく、じゃれついて
いました。もしかしたら、彼のそんな所に惹かれたのかもしれま
せん。

ラストに、「人ってね・・・案外、そんな所に惹かれるものだよ」と
あります。彼は彼で、私のちょっと変わった部分を好きでいてく
れました。
悪く言えば、薄汚い一匹の猫ですが、彼にして見ればキラキラ
と輝いて見えていたのでしょうね。単に野良猫に同情していたと
は思えない行動でした。もしかしたら私にはできない行動に、少
し嫉妬していたのかもしれません。
T323

web拍手 by FC2

|

« [No.767-2]彼の背中 | トップページ | [No.768-1]きっと届いてる »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65444867

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.323:

« [No.767-2]彼の背中 | トップページ | [No.768-1]きっと届いてる »