« [No.756-2]出世の神様 | トップページ | [No.757-2]にぎわいの季節へ »

[No.757-1]にぎわいの季節へ

No.757-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、覚えてる?」

何となく、そんなことを言われそうな予感はしていた。

「・・・あぁ」

彼女との思い出なら山のようにある。
けど、今のシチュエーションなら、あれしかない。

「どう・・・当時を振返ってみて?」
「なかなか手厳しいな・・・」

なにか“あった”のではない。
逆に、なにも“なかった”のだ。

「そりゃそうよ・・・」
「乙女心がわかんない人だったでしょ?」

僕が高校の時の話だ。
そんな僕に、高望みをしても仕方がない。

「当時はみんなそうだろ?」
「・・・そうかな?」

男子の方が恋愛には消極的だったと思う。
どこか、硬派をきどるあまりに。

「じゃ、今はどうなの?」
「えっ!?」

同窓会の夜は、ある意味危険に満ち溢れている。

(No.757-2へ続く)

|

« [No.756-2]出世の神様 | トップページ | [No.757-2]にぎわいの季節へ »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65267002

この記事へのトラックバック一覧です: [No.757-1]にぎわいの季節へ:

« [No.756-2]出世の神様 | トップページ | [No.757-2]にぎわいの季節へ »