« [No.756-1]出世の神様 | トップページ | [No.757-1]にぎわいの季節へ »

[No.756-2]出世の神様

No.756-2

「神頼みしなくても大丈夫だから・・・」
「万一・・・ってこともあるでしょ?」

努力はしてきたつもりだ。
だから、それなりに自信はある。

「まぁ、お守りだと思って・・・」
「・・・そりゃそうだけど」

逆に、これがプレッシャーにならなくもない。

「じゃ、入れるわよ」

彼女の合図で、千円を賽銭箱に投げ込んだ。
その後、しばし無言の時間が続いた。

「・・・これで・・・大丈夫ね」
「この神社は、出世の神様として有名なんだから!」

欲深いのではない。
純粋に僕のことを心配してくれている上での行動だ。

「“絶対に合格させてね”って、お願いしたよ」
「・・・あなたもそうでしょ?」

フレンドリーなお願いが気にならなくもないが。

「も、もちろん!」

本当は、“彼女が幸せになれますように”とお願いした。
S756
(No.756完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.756-1]出世の神様 | トップページ | [No.757-1]にぎわいの季節へ »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65266957

この記事へのトラックバック一覧です: [No.756-2]出世の神様:

« [No.756-1]出世の神様 | トップページ | [No.757-1]にぎわいの季節へ »