« [No.755-2]vs | トップページ | [No.756-1]出世の神様 »

ホタル通信 No.317

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.290 郵便番号
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

実は今でも直っていません。郵便番号どころか、最近は住所や
電話番号も怪しいものです。

そう頻繁に書くことがない・・・と言っても、それくらいは覚えてい
るでしょ?と言われそうですが、なぜだか頭に入りません。
時々、仕事でビジネスホテルに宿泊する際、住所は大阪なのに
電話番号は以前住んでいた札幌の番号を書いたことがあったく
らいです。
小説に書いた通り、本当の意味でその土地に馴染んでいないた
めかもしれません。

どちらかというと、ややしんみりとする話であり、後半、友人の話
も加えたため、さらにしんみり度が増しています。ラストを明るく
迎えるための、前振りや伏線だったわけではなく、ただ何となくそ
うなったに過ぎません。
これもあってラストは、おちゃらけたような感じにしつつも、友人だ
からこそ言えるような内容に仕上げました。

郵便番号そのものではなく、それを覚えていない自分を題材にす
るところが、冬のホタルらしいと思っています。
T317

web拍手 by FC2

|

« [No.755-2]vs | トップページ | [No.756-1]出世の神様 »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65258729

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.317:

« [No.755-2]vs | トップページ | [No.756-1]出世の神様 »