« [No.755-1]vs | トップページ | ホタル通信 No.317 »

[No.755-2]vs

No.755-2

「私だって、本当は・・・」

実際に飼っているからこそ、余計に辛い決断だ。

「私なんか、すぐ情にながされて・・・」

無責任にエサを与えてしまう。
結果、生きながらえた彼らが子供を残すこともあるだろう。

「彼らになにも罪はないんだけどね」

一匹の猫が友人の足元でじゃれつき始めた。
私たちの悩みなんて、お構いなし・・・といった感じだ。

「ねぇ、あんた・・・その人は“立て札側”の人間よ?」 

じゃれつく猫に、イジワルく問いかけた。

「でも・・・悔しいけど、ちゃんと分かっているみたいね」

口先だけの人間とそうではない人間。
だから、その猫は友人を選んだ。

「いずれにせよ、彼らには関係がない争いね」

人間が手助けしようがしまいが、彼らは彼らで生を全うする。

「・・・ところで、あなたはどっちの味方?」

友人が話を戻してきた。

「私はやっぱり、与える側・・・」
「いいんじゃない・・・それで」

安堵の表情を浮かべる友人の顔が、とても印象的だった。
S755
(No.755完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.755-1]vs | トップページ | ホタル通信 No.317 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65218600

この記事へのトラックバック一覧です: [No.755-2]vs:

« [No.755-1]vs | トップページ | ホタル通信 No.317 »