« [No.752-1]変なおじさん | トップページ | [No.753-1]遅れた理由 »

[No.752-2]変なおじさん

No.752-2

「十分、変でしょ!?」

それに、ほぼ毎日見掛ける。
けど、読んでいる場所はマチマチだ。

「読んでるだけ?」
「う、うん・・・」

友人が何を言いたいことはわかる。

「それなら別にいいじゃん」
「周りに迷惑を掛けているわけじゃないし」

そう言われると返す言葉がない。
確かに、私がそう思っているだけに過ぎない。

「そうかもね・・・」

よく考えれば、他にも大勢いる。
柔道着を着て、何やら不思議な動きをしている人とか・・・。

「えっ・・・その人の方がよっぽど変よ!?」
「そうなの!?」

私にはごく普通に見えた。

「どんな感覚してるのよ・・・まったく」
「まぁ、そのお陰で少々のことでは驚かないけどね」

(・・・そのお陰?)

その意味が理解できるまでに、数分を要した。
S752
(No.752完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.752-1]変なおじさん | トップページ | [No.753-1]遅れた理由 »

(031)小説No.751~775」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65175911

この記事へのトラックバック一覧です: [No.752-2]変なおじさん:

« [No.752-1]変なおじさん | トップページ | [No.753-1]遅れた理由 »