« [No.753-2]遅れた理由 | トップページ | [No.754-1]同じパターン »

ホタル通信 No.316

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.292 決意の花火
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

実話度は、一部を除いてほぼ100%ですが、小説のタイトルを見て
もどんな話だったのか思い出すことができませんでした。

あらためて読んで見ると・・・自分で言うのもなんですが、胸が熱く
なりました。実話度が示す通り、ドラマのような展開が、現実に起き
ようとしていました。
彼女は彼と住んではいるものの、住んでいる理由はそう単純なモノ
ではありませんでした。端的に書けば行き場所がない彼女にとって
の“転がり先”だったわけです。多少の恋愛感情がなかったわけで
はないものの、“住まわせてもらっている”という、負い目からきた
感情だったのかもしれません。

冬のホタルの読者なら分かるとは思いますが、その彼女は“せいじ
ゅうろうシリーズ”の菜緒に他なりません。
大袈裟ですが、彼女の脱出劇はこの小説に始まったことではなく、
過去にも何度かありました。ただ、ここまで具体的に話が進んだこ
とはなかったため、その期待は大きく膨らみました。その分、未遂で
終ったときの落胆もまた大きなものでした。

あらためて読み返してみると、ラストに書いてある「真夏の逃亡劇」
というのが小説のタイトルに相応しい気もします。でも花火のように
派手に咲いて儚くも散った“私の心”を表現したかったため、今のタ
イトルにしたように記憶しています。
S316

web拍手 by FC2

|

« [No.753-2]遅れた理由 | トップページ | [No.754-1]同じパターン »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65188812

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.316:

« [No.753-2]遅れた理由 | トップページ | [No.754-1]同じパターン »