« [No.750-1]叶えてあげる | トップページ | [No.751-1]普段はスマホ »

[No.750-2]叶えてあげる

No.750-2

「実は・・・」

小学生の頃、夏休みの宿題に自由研究があった。

「俺もあったよ」
「でね・・・」

空き箱を利用して、何かを作ろうとした。

「何かって?」
「それが、いろいろ考えるけど、結局何も出来なくて」

そもそも思い立っても、肝心の空き箱がない。
だから、無理矢理に空き箱を作ることが多かった。

「母親に頼んでさぁ・・・中身を取り出したりしてた」

でも、そんなに都合よく箱が揃わない。
結局、何も作れずに終わる。

「それが毎年、続いて・・・」

たかが小学生のすることだ。
普段から空き箱を準備するほど、用意周到さはない。

「その反動が出てるんだよね、きっと」

気付けば、空き箱をとっておくことが習慣になった。

「けど、さすがに工作はしないだろ?」
「うん、多分・・・というより、絶対しない・・・でも・・・」

くどいようだけど、捨てられない。

「仕方ないなぁ・・・」
「昔の“何か”を叶えてあげるよ、時間はたっぷりあるんだし」

S750
(No.750完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.750-1]叶えてあげる | トップページ | [No.751-1]普段はスマホ »

(030)小説No.726~750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65053471

この記事へのトラックバック一覧です: [No.750-2]叶えてあげる:

« [No.750-1]叶えてあげる | トップページ | [No.751-1]普段はスマホ »