« ホタル通信 No.314 | トップページ | [No.750-2]叶えてあげる »

[No.750-1]叶えてあげる

No.750-1

登場人物
virgo女性=牽引役  shadow男性=相手
-----------------------------
「・・・これって、空き箱だろ?」
「そうよ」

彼に引越しするための荷造りを手伝ってもらっていた。

「捨てても・・・いいよね?」

もともとそのつもりで彼を呼んだ・・・はずだった。

「ちょっと待って!」

捨てられない性格ではない。
その証拠に、目の前には捨てる物が仕分けられている。

「いるの!?」
「・・・う、うん」

私の反応に彼が不思議な表情を浮かべる。

「・・・珍しい箱じゃないよな?」

単なる石鹸の外箱だ。
ブランドものでも、お土産の品でもない。

「集めてるの?」

確かにこれだけの数になると、そう思われても仕方がない。

「集めているわけじゃないんだけど・・・」

いまだに捨てることをためらってしまう。

「・・・他にも色んな箱があるよね?」

その通りだ。
他にも何の変哲もない空き箱がたくさん転がっている。

(No.750-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.314 | トップページ | [No.750-2]叶えてあげる »

(030)小説No.726~750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65037114

この記事へのトラックバック一覧です: [No.750-1]叶えてあげる:

« ホタル通信 No.314 | トップページ | [No.750-2]叶えてあげる »