« [No.748-2]スーツの悲鳴 | トップページ | [No.749-2]ボロボロの本 »

[No.749-1]ボロボロの本

No.749-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
(ええっ・・・)

イマドキの女子高生が持ってるだけにそのギャップに驚いた
recycle
「参考書?」
「うん・・・多分、英単語の本だと思う」

昨日、電車の中でひとりの女子高生に目が行った。

「それがさぁ・・・ものすごく使い込まれてて」

一言で言えば、ボロボロの状態だ。
本なのに、磨り減った感が半端ない。

「久しぶりに見たよ、あんなの」

もちろん、使い方が荒いわけではない。
彼女の勉強ぶりを見れば分かる。

「・・・熱心に勉強してた?」
「そりゃ、食い入るようにな」

ボロボロの程度は、努力の裏返しでもあるだろう。

「参考書も幸せね」
「だろうな」

参考書にしてみれば、本望だろう。
ここまで、使い込まれたのだから。

「・・・ところで、なんでこんな話をしたの?」

(No.749-2へ続く)

|

« [No.748-2]スーツの悲鳴 | トップページ | [No.749-2]ボロボロの本 »

(030)小説No.726~750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65015905

この記事へのトラックバック一覧です: [No.749-1]ボロボロの本:

« [No.748-2]スーツの悲鳴 | トップページ | [No.749-2]ボロボロの本 »