« [No.747-1]ショートヘア | トップページ | ホタル通信 No.313 »

[No.747-2]ショートヘア

No.747-2

「それより、よく気付いたね?」
「だって、あれだけバッサリだと・・・」

気づかない方が無理だと言ってもいい。

「朝、見かけた瞬間に“あっ!”と声が出たくらいだよ」
「ふ~ん・・・」

ただ、その場で、あれこれと聞くことは出来なかった。

「とにかく・・・ショートもいいかもね」

今まで、あまり気にしたことはなかった。
あらためて、その魅力に気付いた。

「“ショート”の魅力じゃなくて、“彼女”の間違いじゃない?」
「かもな!」

今朝は、そんな男性社員で溢れていた。

「ふ~ん・・・」
「・・・何だよ」

さっきから、気のない返事が返ってくる。

「もともとショートの人は、気付いてもらえないのよね」
「どういう意・・・!?」

言い終わる前にあることに気付いた。
S747
(No.747完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.747-1]ショートヘア | トップページ | ホタル通信 No.313 »

(030)小説No.726~750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64989176

この記事へのトラックバック一覧です: [No.747-2]ショートヘア:

« [No.747-1]ショートヘア | トップページ | ホタル通信 No.313 »