« [No.746-2]100円スリッパ | トップページ | [No.747-2]ショートヘア »

[No.747-1]ショートヘア

No.747-1

登場人物
shadow男性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「・・・ほんとバッサリでさぁ」

もともと髪が長かったこともあり、よりインパクトを感じた。

「そんなに?」
「あぁ・・・別人みたいだったよ」

もちろん、悪い意味ではない。
それはそれで似合っていた。

「ショートもロングも似合うなんて羨ましいね」

確かにそうだ。
ショートにするにはそれなりの覚悟が必要だろう。

「失恋でもしたのかな?」

とは言え、そんな雰囲気は微塵も感じなかった。

「男って、すぐそう考えちゃうよね・・・」
「単なるイメチェンよ、きっと」

多分、なんの根拠もないだろう。
ただ、同性の言葉だけに、妙な説得力がある。

「そうなの?」
「そろそろ春も近づいてきたからね」

まるでファッションの一部のような発言だった。

(No.747-2へ続く)

|

« [No.746-2]100円スリッパ | トップページ | [No.747-2]ショートヘア »

(030)小説No.726~750」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64984994

この記事へのトラックバック一覧です: [No.747-1]ショートヘア:

« [No.746-2]100円スリッパ | トップページ | [No.747-2]ショートヘア »