« [No.751-2]普段はスマホ | トップページ | [No.752-1]変なおじさん »

ホタル通信 No.315

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.241 糸
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この手の小説を作る時は、何らかの悩みや困りごとを抱えてい
ることが少なくありません。

それが何であったのかは正直覚えていません。でも、思い当た
ることはあります。もともと、“冬のホタル”自体が、ある悩みごと
から生まれたようなものです。特に初期の作品は、同じルーツを
辿るといっても言い過ぎではありません。
この小説では、女性ふたりが登場していますが、実際は違うか
もしれません。その時々により、作者が男性になったり、女性に
なったりしています。

内容は小説にも出てくる通り、少し哲学っぽい作りです。ホタル
通信を書いている時に思い出したのですが、昔々、小学生の頃
に、こんな感じの詩を書いていました。
もちろん、こんな大人っぽいものではなく、少し背伸びしたような
感じのものです。その頃から、出来栄えは抜きにしても、文章を
書くことが好きだったみたいですね、自分で言うのも何ですけど。

今は、あまり書かないタイプの小説です。
書けば書くほど、現実味がなくなることに加えて、自分に酔ってし
まうことが少なくないからです。
とは言え、自分に溜まったガスを、時々抜いてあげる必要もあり
ますから、その意味では“らしくない”小説を作りことは今でもあ
ります。
T315

web拍手 by FC2

|

« [No.751-2]普段はスマホ | トップページ | [No.752-1]変なおじさん »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65065897

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.315:

« [No.751-2]普段はスマホ | トップページ | [No.752-1]変なおじさん »