« [No.747-2]ショートヘア | トップページ | [No.748-1]スーツの悲鳴 »

ホタル通信 No.313

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.296 別れの予感
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

突然、彼と連絡が取れなくなったのは事実です。小説に書いた
「じゃあ、また明日!」ではなかったですが、こんな感じのメール
が最後になりました。

メールを送ればエラーが返ってくるし、電話は拒否されているよ
うでした。もちろん、全く予感がなかったわけでもありません。実
際、そうなる数ヶ月前に多少の修羅場がありました。
でも、それも乗り越え、ようやく安定し始めた時期だっただけに、
残念でなりませんでした。
悲しいとか悔しいとか、そんな感情を抱くこともできず、それこそ
“糸が切れた凧”のように、私の心はしばらく、行く宛もなくたださ
まようだけでした。

気にしていない・・・と言えば嘘になりますが、私の中では想い出
に変わっています。
あれだけ、“彼なしでは生きていけない!”なんて言っていたわり
には、振り返るとバカバカしくなるほどです。誰もが通る道・・・とま
では言いませんが、その道を通ることは決してマイナスではありま
せん。もしろ、私の場合はプラスに作用しました。

春が近づくと思い出します。
桜の花びらが舞い落ちる中で、途方に暮れていた私。繋がらない
ケータイを握り締めて・・・。
T313

web拍手 by FC2

|

« [No.747-2]ショートヘア | トップページ | [No.748-1]スーツの悲鳴 »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64993132

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.313:

« [No.747-2]ショートヘア | トップページ | [No.748-1]スーツの悲鳴 »