« [No.745-2]スクランブルエッグ | トップページ | [No.746-1]100円スリッパ »

ホタル通信 No.312

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.373 笑顔に逢いたい
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

フムフム・・・と読み進めて行くと、最後の最後で「エー!」みたい
な感じで終わります。

実話度が示す通り、ほぼ実話です。実際に、小説上の私(女性)
がした行為を忠実に再現してみました。所々、意味不明とも思え
る行動をしていますが、現実の行動を小説風にしたので、こんな
感じになりました。

さて、小説上、時間の情報は入れていませんが、仕事終わりの
夜の話です。エレベータに向かう途中に、泣き声が聞こえてきた
のですが、それが何ともか細く、誰かに呼びかけているようであ
り、只ならぬ雰囲気を感じました。
この後の展開は小説に書いた通りであり、遠くに逃げない子猫、
親猫と私のコミカルな攻防戦・・・が続きます。コミカルと言っても
親猫にちょっとイジワルしたような感じですね。

冒頭に記載した最後の最後で「エー!」みたいな感じで終わるこ
とについては、何の伏線もなく、卑怯と言えば卑怯な結末です。
自分自身もどうして、少しダークな話を持ち込んだのか、ハッキリ
とは覚えていません。
でも、この猫の関係が、どうしてもある人と重なってしまったため
に入れました。つまり、まだ“見ぬ母”については、現実の作者で
はなく、他人のエピソ-ドです。

猫がからむ話はこの他にも多数あります。積極的にからむつもり
はないのですが、なぜだか巻き込まれてしまいます。でもそれを
楽しんでいる自分が居ます。
T312

web拍手 by FC2

|

« [No.745-2]スクランブルエッグ | トップページ | [No.746-1]100円スリッパ »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64842995

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.312:

« [No.745-2]スクランブルエッグ | トップページ | [No.746-1]100円スリッパ »