« [No.741-2]忘れかけていたもの | トップページ | [No.742-1]私は彼女 »

ホタル通信 No.310

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.238 なんだよ・・・。
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

最近はあまり書いていませんが、冬のホタルでは定番の雨男、
雨女にまつわる話です。

正直、作者は雨男あるいは雨女です。もちろん、小説のように
科学的根拠はありません。ただ、驚くほど、外に出た途端、雨
が降って来ることが多く、それを否定するのが難しいほどです。
そんなエピソードが多いこともあり、雨をテーマにした小説がよ
く生まれます。

さて、内容に触れていきます。
小説の3分の2は“どうでもよい話”で構成しています。その話
を延々と悶々と続けることで、オチを際立たせています。この
手の話は書く機会が多いので、ネタに困りそうな気がしている
のですが、書くたびに新しい発見があります。
とはいうものの、あくまでも日常会話の延長線のようなオチに
するために、そこそこ悩んだりはします。

この小説を一言で言えば、“女性の計画的犯行”の話であり、
よくあるパターンです。ただ、その犯行が計画通りには行かな
かったオチです。
会社を出て、駅に向かっている二人。そして、なかなか雨が降
らずにヤキモキしている彼女を想像しながら読んで頂ければ。
T310

web拍手 by FC2

|

« [No.741-2]忘れかけていたもの | トップページ | [No.742-1]私は彼女 »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64788404

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.310:

« [No.741-2]忘れかけていたもの | トップページ | [No.742-1]私は彼女 »