« [No.737-2]秋祭り | トップページ | [No.738-1]クリスマス・イブ »

ホタル通信 No.308

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.237 かごの中のネコ
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

日中ではなく、深夜ということもあり、かなり驚いたことを覚えて
います。

小説にも書いた通り、向こうは向こうで驚いたと思いますが、遠
くまで逃げなかったのが印象的でした。
実話度の通り、ほぼ事実ですが、ラストは創作しています。実は
それ以来、その猫とは会っていません。もちろん、四六時中、駐
輪場に居るわけではありませんので、単に時間帯が合わないだ
けかもしれません。

さて、ラストのオチの意味は分かりますか?
自分で読み直しても、一瞬「?」となったくらいですから、伝わら
ないかもしれません。
中盤まで、猫のお気に入りの場所は、“隣の自転車のかごの中”
という流れで話を進めています。ところが、ある日、確認したら、
私の自転車のかごの中で寝ていた・・・よくよく考えると、あの日、
深夜の帰宅だったので、猫としては、私の自転車で寝ることがで
きず、仕方なく隣の自転車で寝た・・・というシチュエーションです。

“その時だけ、深夜近くの時間”が言うなれば、伏線みたいなもの
ですね。普段なら、あってしかるべき時間に自転車がなかったと
いうことを遠回しに表現しています。
T308

web拍手 by FC2

|

« [No.737-2]秋祭り | トップページ | [No.738-1]クリスマス・イブ »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64675541

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.308:

« [No.737-2]秋祭り | トップページ | [No.738-1]クリスマス・イブ »