« [No.735-2]共通の友人 | トップページ | [No.736-1]流行語 »

ホタル通信 No.307

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.274 気になる写真
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

写真の存在、撮った経緯・・・そして、その写真がイマイチだった
ことは事実です。

この小説は、「せいじゅうろう」シリーズのひとつとして、発表する
予定でしたが、せいじゅうろう(リラックマ)が脇役にまわってしま
ったので、単独作品にしました。
「那央=菜緒」「那央が好きなキャラクター=リラックマ」の関係
がその名残りとも言えます。

さて、前述した通り、写真も現存しており、当たり前ですが、その
イマイチ感も健在です。
小説上では、そのイマイチ感を「ええよ!でも、また結婚式を思
い浮かべると緊張するやん」と、都合よく解釈したラストで締めく
くっていますが、事実はそうではありません。
写真が嫌だったわけではないのでしょうが、一言で表せば「心の
闇」が、そのような表情を生んだのかもしれません。

あの時、彼女が何を考え、何を見ていたのか、もう伺い知ること
は出来ませんが、結果的に、これが一緒に写った唯一の写真に
なってしまいました。
決して、表情は冴えないけれど、今でも胸を熱くする一枚です。
T307

web拍手 by FC2

|

« [No.735-2]共通の友人 | トップページ | [No.736-1]流行語 »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64637940

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.307:

« [No.735-2]共通の友人 | トップページ | [No.736-1]流行語 »