« [No.733-2]本当の目的 | トップページ | [No.734-1]捨てたもんじゃない »

ホタル通信 No.306

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.298 調整力
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めです。話の主軸になっているルービック・キューブ
は全くの創作です。

例えば、会議を開く場合、関係者のスケジュール、開催場所の
確保などが必要ですが、単純にそれぞれを準備すればいいも
のではありません。
それぞれを同時進行させながら、あるところでピタッ!と答えが
出ます。たかが、スケジュール調整ですが、大人数ともなると
そう簡単には行きません。もちろん会場も確保しておかなけれ
ばなりません。

このように、複雑に絡み合った事柄をルービック・キューブに例
えてみました。一面はそれだけに集中できるけど、二面になると
それぞれの都合を加味しなければなりません。
時には、それぞれをワザとずらしておいてから、最後の一手で同
時に揃える・・・話が長くなりましたが、この小説はこんなことを言
いたかったのです。

どちらかと言うと、真面目な展開なので、ラストは思いっきりふざ
けてみました。調整力を鍛えていたつもりでしたが、身に付いた
のは、二股力だったと。
T306

web拍手 by FC2

|

« [No.733-2]本当の目的 | トップページ | [No.734-1]捨てたもんじゃない »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64607932

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.306:

« [No.733-2]本当の目的 | トップページ | [No.734-1]捨てたもんじゃない »