« [No.731-2]最も足が地に着く時期 | トップページ | [No.732-1]想いをのせて »

ホタル通信 No.305

小説名:No.251 恐怖の日曜日
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

小説の通り、その感覚は今でも上手に伝えることが出来ません。
それに「なぜ?」と聞かれても「そう感じたから」としか答えること
が出来ません。

病気で寝込んでいたこともあり、起きているのか寝ているのか、
どちらとも言えない中で、聞こえてきた友達のはしゃぐ声を今で
も覚えています。
今、振り返ると恐怖と言うより、孤独感だったのかもしれません。
それも自分だけが別世界に居るようなとても大きな孤独感です。
当時、テレビの影響を受けて子供心に四次元の世界を信じてい
ましたから、そこに居るかのような感覚だったのでしょうね。

今では少し難しいシチュエーションなのかもしれません。
子供の頃、自宅はいわゆる袋小路に位置しており、加えて周辺
は土手と畑しかない、のどかな環境でした。小説にも書いた通り
草木のこすれる音が聞こえるくらいでした。今は随分と拓けてし
まい、もう二度と体験することはできなくなりました。

子供の頃には「なぜ?」と聞かれても上手く答えられない体験を
いくつかしています。今、それらの光景を目に浮かべながらこの
ホタル通信を書いています。
T305

web拍手 by FC2

|

« [No.731-2]最も足が地に着く時期 | トップページ | [No.732-1]想いをのせて »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64577678

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.305:

« [No.731-2]最も足が地に着く時期 | トップページ | [No.732-1]想いをのせて »