« [No.729-2]勇気があればいつだって | トップページ | [No.730-1]隠したかったもの »

ホタル通信 No.304

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.234 ハズレの景品
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

そこそこ実話度は高めで話の流れはほぼ事実です。所々、設定
を変えたり、脚色したりしています。

まず、くじ引きした場所が商店街ではなく自動車の販売店でした。
その販売店を訪れた際、丁度、クリスマス時期と言うこともあり、
クジ引きをやっていました。
その結果、手に入れたのが“鮮やかな赤が”となぜか遠回しに書
いた、ポインセチアの鉢植えでした。なぜ、遠回しに書いたのかは
覚えていませんが、多少、クイズっぽさを演出したかったのかもし
れません。

話の焦点はズレますが、このポインセチアには何かと思い入れが
あり、何度か小説の主軸として登場しています。古くは学生時代
に付き合っていた彼女と別れた後に、贈ったことがある花で、その
印象が今でも尾を引いています。
さて、今回の話はクジ引きに当たった話ではなく、ポインセチアが
予想に反して、枯れなかったことが話を作るきっかけになりました。
これが自分にとっては衝撃的で、花に対する見方が変ったくらい
でした。
花なんてもらっても仕方ない・・・ほんの一時的な贈り物・・・なんて
考えていましたから。

花に話しかける、彼女にも話しかける・・・の部分は、思わせぶりな
部分ではありますが、小説としての深みを“何となく”持たせただけ
に過ぎません。
T304

web拍手 by FC2

|

« [No.729-2]勇気があればいつだって | トップページ | [No.730-1]隠したかったもの »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64533272

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.304:

« [No.729-2]勇気があればいつだって | トップページ | [No.730-1]隠したかったもの »