« [No.727-2]空気感 | トップページ | [No.728-1]夢を見させて »

ホタル通信 No.303

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.230 多くても少なくても
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

何とも言えない“中途半端”な作りがヒシヒシと伝わってきます。
それに、定番とも言える話の主軸を隠しながらの展開です。

小説を作る“きっかけ”になるものは、もちろんあったと思うので
すが、それが何であったのか正直覚えていません。恐らく、タイ
トルと内容からすれば、“一言多い”あたりが、そのきっかけだと
思います。
実話度が示す通り、ほぼ創作です。きっかけさえ忘れるくらいで
すから、さほど印象的なエピソードもなかったのでしょうね。今と
なっては当時をうかがい知るすべはありません。

定番・・・と前述しましたが、今でもこの手法は時々用いています。
荒っぽい言い方をすれば、“冬のホタル”自体、細かな描写を避
けており、もともと分かりにくさが満載です。
これに輪を掛けて、主軸を隠しているわけですから、読み手にと
ってはたまったものではありません。ただ、現実の会話は、こん
なものだと思っています。伏線を張りながら会話を進めるわけで
もなく、自分勝手に話を進めることも。

・・・なので、当ブログは“小説風”と位置付けて、会話をベースに
物語を展開させています。文字というより、空気感を感じて頂けれ
ば幸いです。
S303

web拍手 by FC2

|

« [No.727-2]空気感 | トップページ | [No.728-1]夢を見させて »

(112)通信No.301~325」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/64498632

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.303:

« [No.727-2]空気感 | トップページ | [No.728-1]夢を見させて »