« [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ | トップページ | [No.701-1]さすが雨男 »

[No.700-2]グリーティングカード~玲奈~

No.700-2

「これで・・・よし・・・」

達也の24回目の誕生日にグリーティングカードを送ることにした。
日時を指定し、自動的に送るように設定した。

「これは、ちょっと後に届くように・・・と」

もう一通はほんの少しだけ遅れて届くように設定した。
内容は相当悩んだ末にアレに決めた。
達也なら、きっとそうくると思って・・・。

「後は当日を待つだけね」

その当日までには約半年ある。

(・・・でも、本当は届かないで欲しいな)

出来ればカードじゃなくて、直接祝ってあげたい。
23回目の誕生日のように。
でも、半年後、私はもうこの世には居ない。

達也が私の名前を叫んでいる。

(そんなに大きな声出さなくても聞こえてるわよ・・・)

薄れて行く意識の中で、彼のことを想う。

「達也・・・それ、つまんないよ」

半年後、出会える時を信じて、私は永遠の眠りについた。
S700
(No.700完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ | トップページ | [No.701-1]さすが雨男 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.700-2]グリーティングカード~玲奈~:

« [No.700-1]グリーティングカード~玲奈~ | トップページ | [No.701-1]さすが雨男 »