« [No.696-2]余裕な発言 | トップページ | [No.697-2]分かっていたけど »

[No.697-1]分かっていたけど

No.697-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
気になり始めたのは、5日ほど経過した時だった。
recycle
「私も時々、見掛けることがあるよ」
「確か・・・三毛猫だったよね?」

通学路の途中に、小さな公園がある。
その公園に三毛猫が住み着いていた。

「うん、私も時々しか見かけなかったんだけど」

朝、公園の中を通っている時に、たまに見掛ける程度だった。
でも、このところ毎日、見ている。

「嫌いじゃなかったよね?」
「そうなんだけど・・・ちょっと気になることがあって」

今までは、バッタリ目があう感じだ。
向こうは向こうでビックリしている。

「最近、ずっと草むらでうずくまっているんだ・・・」

猫の生態は知ってはいる。
小さい頃、飼っていたこともあるからだ。

「寝てるだけでしょ?」
「うん・・・そうだとは思うけど」

ただ、このところ毎朝 、同じ場所でうずくまっている。
弱って動けないようにも見えなくもない。
それに、以前よりもかなり痩せてもいる。

(No.697-2へ続く)

|

« [No.696-2]余裕な発言 | トップページ | [No.697-2]分かっていたけど »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/63778904

この記事へのトラックバック一覧です: [No.697-1]分かっていたけど:

« [No.696-2]余裕な発言 | トップページ | [No.697-2]分かっていたけど »