« [No.696-1]余裕な発言 | トップページ | [No.697-1]分かっていたけど »

[No.696-2]余裕な発言

No.696-2

「え~、どんなこと?聞きたい!」
「まぁ、焦らないで・・・」

ここまで話しておきながら、急にブレーキを掛けだした。

「その人、最近、彼氏と別れたらしいんだ」
「ごくありふれた話よね?」

その別れ方が、修羅場だったとでも言うのだろうか?
衝撃を受けるくらいだから・・・。

「そうなんだけど、次に聞いたセリフがさぁ・・・」
「衝撃的と言うか、余裕と言うか・・・」

「・・・余裕?」

一体、どんなセリフを言ったのだろうか?

「もったいぶらないで、続きを聞かせてよ!」
「もうひとりが“新しい彼を見つけなきゃね?”と言ったんだ」
「そしたら、その人・・・こう言ったの」

思わず、ゴクリとつばを飲み込んでしまった。

「・・・楽しむんだって」
「えっ!?」
「“もう少し、ひとりを楽しんでみようかな?”だってさ!」

(・・・・ひとりを楽しむ?)

すぐには意味が分からなかった。
でも、ジワジワと込み上げてくるものがあった。

「あぁ!なにその余裕な発言!」
S696
(No.696完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.696-1]余裕な発言 | トップページ | [No.697-1]分かっていたけど »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/63768450

この記事へのトラックバック一覧です: [No.696-2]余裕な発言:

« [No.696-1]余裕な発言 | トップページ | [No.697-1]分かっていたけど »