« [No.689-1]宝箱 | トップページ | ホタル通信 No.284 »

[No.689-2]宝箱

No.689-2

「ちょっと・・・」
「さっきの映画より面白い展開になってきたじゃん!」

地面から三分の一ほど、顔を覗かせている状態で発見した。

「最初は単なる木片かな?って思ってた」

でも、よく見ると金具が見えた。
それに、さびてはいたけど、なにやら装飾が施してあった。

「何だかドキドキしてきた」
「それで、好奇心も手伝って掘り起こしてみたの」

だからと言って、宝箱とは思って居なかった。
ただ、中身を知りたい衝動に駆られただけだった。

「・・・で、中身は?」
「聞きたい?」
「そりゃそうでしょ!ここまできて」

ベースが木だけに、あちこち腐って穴が開いていた。
それだけに嫌な予感はあった。

「ヘビが何匹か入ってたわ」

結局、それ以外、何も入ってはいなかった。
思わせぶりな箱も、よく見れば普通の木箱だった。

「今日の合コンでもそうならないようにね」

合コンを目の前に、何やら意味深な友人の一言だった。
S689
(No.689完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.689-1]宝箱 | トップページ | ホタル通信 No.284 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/63655634

この記事へのトラックバック一覧です: [No.689-2]宝箱:

« [No.689-1]宝箱 | トップページ | ホタル通信 No.284 »