« [No.685-1]同じ匂い | トップページ | ホタル通信 No.282 »

[No.685-2]同じ匂い

No.685-2

「けど、俺は焼肉の匂いとかの方がいいけどな」
「もぉ!」

(やっぱり、男子に“花”の話をしても無駄か・・・)

まさしく“花より団子”かもしれない。

「仕方ないだろ?食べ盛りなんだし」
「それは否定しないけど・・・」

まぁ、ここまで話に付き合ってもらっただけでも良しとしよう。

「・・・あれ?」
「なんだよ?」

そう言えばどうして彼にそんな話をしたのだろう。
まだ、彼のことを良く知らない・・・それは彼も同じだろう。

「こんなに話したの、初めてだよね?」

同じクラスになって1年も経つのに、彼とまともに話した記憶がない。

「・・・だよな」

不思議と彼に話したくなった。

「やっぱり・・・花、好きじゃないよね?」
「えっ!いや・・・別に嫌いじゃないというか・・・好きかも」

さっきまでの悪態とは打って変わったような反応だった。

「それなら帰りに、見に行こうよ・・・一緒に」

これが事実上の告白になった。
S685
(No.685完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.685-1]同じ匂い | トップページ | ホタル通信 No.282 »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/63546608

この記事へのトラックバック一覧です: [No.685-2]同じ匂い:

« [No.685-1]同じ匂い | トップページ | ホタル通信 No.282 »