« [No.676-1]無駄な時間 | トップページ | [No.677-1]今、この経験が・・・ »

[No.676-2]無駄な時間

No.676-2

「心配ごとでもあるの?」

聞いたのはいいが、“ない”ほうが珍しいのかもしれない。

「ほら、私、料理とか・・・何もできないじゃない?」
「まぁ、私もだけどね」

花嫁修業らしきことは一切していない。
毎日をただ、おもしろおかしく生きてきた。

「今になって、ちょっと後悔してる」
「・・・」

友人と過ごしてきた日々はそれはそれで楽しかった。
けど、後に残るものがないのも事実だ。

「無駄な時間を過ごしてきたのもしれない」
「・・・そうね、私たち」

友人のプロポーズ話が、思わぬ方向に向かった。

「でも・・・ね」

確かに何も残らない日々を過ごしてきた。

「それもそのはずよ」
「・・・どういう意味?」

私たちの今は、無駄な時間でできている。
言い換えれば、無駄な時間を燃料にして走ってきた。

「いつだって、完全燃焼だったでしょ?私たちって!」
S676
(No.676完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.676-1]無駄な時間 | トップページ | [No.677-1]今、この経験が・・・ »

(028)小説No.676~700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/63387074

この記事へのトラックバック一覧です: [No.676-2]無駄な時間:

« [No.676-1]無駄な時間 | トップページ | [No.677-1]今、この経験が・・・ »