« ホタル通信 No.239 | トップページ | [No.600-2]ふたりの行方 »

[No.600-1]ふたりの行方

No.600-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
二羽のハトが仲良く地面をついばんでいる。
でも、目があってしまったせいか、空高く飛んで行った。

(わるいことしたな・・・)

そのハトを目で追う・・・ある想いを巡らせながら。

「部屋、借りようか?」

この言葉に一点の曇りがないわけじゃない。
けど、そう言わせるものを今の僕は持っている。

「・・・どうしよう」

彼女にとっても決して悪い話じゃないはずだ。
ただ、彼女も僕と同じだ。
白黒決められないものを持っている。

「マンスリーマンションなら・・・」

敷金や礼金は不要なはずだ。
賃貸より、煩わしさ感は少ない。

「うちも、そう考えてはいるんやけど」
「踏ん切りが付かない?」
「・・・せやね」

恐らく“その後”を心配しているのだろう。
確かに僕だって、いつまでも部屋を借り続けることはできない。

(No.600-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.239 | トップページ | [No.600-2]ふたりの行方 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.600-1]ふたりの行方:

« ホタル通信 No.239 | トップページ | [No.600-2]ふたりの行方 »