« [No.598-1]風化 | トップページ | [No.599-1]お手入れ »

[No.598-2]風化

No.598-2

「メールくらいくれてもいいだろ?」
「・・・ごめんね」

急にしおらしく、してしまった。

「とは言え、遠距離恋愛中の恋人同士じゃないわけだし」
「そうだけど、色気がないこというなよ」

彼とは、昔同じ職場で働いたことがある同僚だ。
特別な感情はない・・・つもりだ。

「ちょっと、しんどい時期があってね」
「そう・・・わかった」
「これ以上聞かないの?」

聞かれなければ聞かれないで、どこか寂しい面もあるが・・・。

「それで十分だよ」
「・・・ありがとう」

電話もメールもできないほどじゃなかった。
けど、到底、そんな気にはなれなかった。

「言わば、2年という時が解決してくれたわけだ?」
「そうね・・・風化とは良く言ったものよ」

いつの間にか、風に吹かれて傷も癒えた。

「傷が風に化けて消えて行った・・・そう考えるのも悪くないな」
S598
(No.598完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.598-1]風化 | トップページ | [No.599-1]お手入れ »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.598-2]風化:

« [No.598-1]風化 | トップページ | [No.599-1]お手入れ »