« [No.596-1]人間のくず | トップページ | [No.597-1]資格取得 »

[No.596-2]人間のくず

No.596-2

「さすがに今は言えないわ」

確かに彼が100%悪い。
けど、だからと言って、何を言ってもいいわけじゃない。

「今でも後悔してる」
「仕方ないでしょ?その時はその時なんだし」
「でも・・・」

今でもたまに、その言葉を耳にすることがある。
やはり、何度聞いても心が痛む。

「まぁ・・・言葉の割には・・・ね」

しばらく沈黙が続いた。

「ごめん・・・私のせいで・・・」

楽しいはずのランチの時間だった。

「別に気にしてないわよ!」
「ところで・・・知ってる?」

同僚が身を乗り出してきた。

「“くず”ってね・・・経理上は資産と同じなのよ」
「・・・意味分かんない!?」

経理部の同僚と総務部の私の会話は、時々かみ合わない。S
(No.596完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.596-1]人間のくず | トップページ | [No.597-1]資格取得 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/61358616

この記事へのトラックバック一覧です: [No.596-2]人間のくず:

« [No.596-1]人間のくず | トップページ | [No.597-1]資格取得 »