« [No.594-1]2年ぶりのメール | トップページ | [No.595-1]やっと出た! »

[No.594-2]2年ぶりのメール

No.594-2

「短い時間でも濃さがあり、今までを埋めてしまうからかな」

あれこれ考えるより、素直に受け入れたい言葉だった。
恐る恐る顔を出している者としては、なんとも嬉しい限りだ。
recycle
「今度は大々的にアナウンスしますよ」

このタイトルでメールを返した。
いつも、アナウンスせずに、いきなり事務所を訪れるからだ。
でも、サプライズを狙っているわけではない。

「お越しの際はぜひ事前にお知らせを」

今まで、そうしなかったのは理由がある。

(最初は、バレンタインデーだったしな)

想い過ごしかもしれないが、彼女なら用意しかねない。
2回目は特別な日ではなかった。
でも、最初のこともあり、事前に言えば気を使わせただろう。

「その時々の期間限定をご用意してお待ちしております」

ただ、次はその言葉に甘えてみるつもりだ。
S594
(No.594完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.594-1]2年ぶりのメール | トップページ | [No.595-1]やっと出た! »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/61316726

この記事へのトラックバック一覧です: [No.594-2]2年ぶりのメール:

« [No.594-1]2年ぶりのメール | トップページ | [No.595-1]やっと出た! »