« [No.592-1]妄想の縮図 | トップページ | [No.593-1]幻の桜 »

[No.592-2]妄想の縮図

No.592-2

「多分、それ」

その一匹が、オスかメスかは別にしても・・・だ。

「逆に一匹だけで行動している場合もある」

集団に馴染めないのか、爪弾きにされているのかは知る由も無い。

「・・・なるほど、こんな話なんだ」
「なぜだか、一匹だけ白鷺も居るんだよね」

どの世界にもいる“異端児”といったところだろうか?

「なかなか、できた話じゃない」
「そうでしょ~!」

小川を眺めながら、いつもそんなことを考えていた。

「確か、会社の近くだったわね?」
「多分・・・歩いて、5分もかからないと思う」

珍しく、同僚が興味を示している。

「お昼休みに行ってみる?」
「そうね、たまには外でお弁当食べるのもいいかもしれない」

小川のほとりは、いくつかベンチらしきものもあった。
お弁当を食べるくらいなら困らない。

「でも、色々と思い出しちゃうかも」
「・・・私もよ」
S592
(No.592完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.592-1]妄想の縮図 | トップページ | [No.593-1]幻の桜 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/61276627

この記事へのトラックバック一覧です: [No.592-2]妄想の縮図:

« [No.592-1]妄想の縮図 | トップページ | [No.593-1]幻の桜 »