« [No.586-2]巨人と私 | トップページ | [No.587-2]私の名は竜王 »

[No.587-1]私の名は竜王

No.587-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「最近、お姫様の格好をした子供によく出会うよね」
「ほら・・・アレでしょ?」

去年、大ヒットした映画の影響だろう。

「それで、思い出したことがあるんだけど・・・」

友人が小学生の頃の話をし始めた。
友人とは幼稚園からの付き合いになる。
それに中学に入る前までは、クラスもずっと同じだった。

「話の流れからすると、もしかしてアレ?」
「正解!!」

三年生の時だった。
いわゆる“文化祭”のような催し物が開催された。

「今でも・・・気にしてるんだから」

私たちのクラスは、寸劇に毛が生えた程度の演劇だった。
オリジナルの物語は先生が考えた。

「あっ!やっぱり?」

舞台でなにか大きな失敗をしたわけじゃない。
問題は配役にあった。

(No.587-2へ続く)

|

« [No.586-2]巨人と私 | トップページ | [No.587-2]私の名は竜王 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/61020587

この記事へのトラックバック一覧です: [No.587-1]私の名は竜王:

« [No.586-2]巨人と私 | トップページ | [No.587-2]私の名は竜王 »