« [No.586-1]巨人と私 | トップページ | [No.587-1]私の名は竜王 »

[No.586-2]巨人と私

No.586-2

「そんなこともあるんじゃない?」

珍しく友人が理解をしめしてくれた。

「なにか心境の変化でも?それとも悩みごと?」
「えっ!?・・・ど、どうだろう」

あらためて聞かれて気付いた。
特に思い当たるものがない。

「ごめん・・・自分でもよくわからない」
「だ・か・ら、そんなこともあるって言ったのよ」

もしかしたら、潜在的に不安を抱えているのかもしれない。

(それに気付いていないだけなんだろうか?)

「まっ、あまり気にしないことね」

今日の友人はやけにやさしい。

「持つべきものは友ね!」
「ところで、来週、引越しだったわね?」

お礼と言うわけじゃないけど、手伝いのひとつでも買って出たい。

「ありがとう、手伝ってくれるの?」
「もちろんよ!」
「じゃ、引越し先で待ち合わせね」

そう言うと、あの巨大なマンションを指差した。
S586
(No.586完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.586-1]巨人と私 | トップページ | [No.587-1]私の名は竜王 »

(024)小説No.576~600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/61011120

この記事へのトラックバック一覧です: [No.586-2]巨人と私:

« [No.586-1]巨人と私 | トップページ | [No.587-1]私の名は竜王 »